食器のしまい方は千差万別!食器棚の中はどう掃除する? | くらぷらブログ   
くらぷらブログ
2020.09.01
スタッフブログ
食器のしまい方は千差万別!食器棚の中はどう掃除する?

食器のしまい方は千差万別!食器棚の中はどう掃除する?

 

食器棚の中の掃除、どうしていますか?

中の食器を全部出して、すべての棚をきれいに拭いて、また全部の食器を元に戻す?

一人暮らしの人や新婚さんなら簡単だけど、大家族や親族が大勢集まる家など、食器の数がたくさんある家は、棚の中の掃除も大変ですよね。

持っている食器の数にもよっても違いますし、食器棚の中に、どうやってしまっているかによっても違います。

 

あなたは、どうやって食器をしまっていますか?

「食器のしまい方に、そんな大きな違いがあるの?」

今回は、食器のしまい方やお掃除方法のお話をしていきます。


【目次】

  1. 1.食器のしまい方はどのタイプ
  2. 2.グラスも伏せる派の方は要注意
  3. 3.おススメの収納方法
  4. 4.面倒くさい食器棚の中のお掃除方法
  5. 最後に

 

1.食器のしまい方はどのタイプ

食器のしまい方ですが、実はこれが意外とあるんですよ。

例えば、食器を下向きに伏せてしまうか、上向きにしまうか。

これだけで、もう大きく二つに分かれますよね。

 

伏せてしまっている人は言います。

「食器を上向きにしまうなんて信じられない!だって、見えないホコリやゴミが中にたまるでしょう!?」

 

それに対して上向き派は、こう言います。

「下に伏せてしまうなんて信じられない!口をつけるところに汚れが着くでしょう!?」

 

伏せてしまう人、上に向けてしまう人、それぞれに理由がありますね。


 

2.グラスも伏せる派の方は要注意

伏せる派の人は、棚にふきんやタオルを敷き詰めて、その上に食器を伏せている人もいます。

でも、何も敷かずにグラスを伏せている人もいますよね。

そんなあなたは、気をつけてください。

 

きれいとか汚いとか、そういう問題ではないんですよ。

棚にピッタリ伏せてあるグラスには、ある怪奇現象が…!

 

真夏の暑い夜に、クーラーでキンキンに冷えたキッチンで食器棚の戸を開けると、中から生温かぁ~い空気が流れ出て…、

「バリン!」

誰も触れていないのに、グラスが割れて、あなたにおそいかかってきました!

これは悪霊の仕業!?

それとも何かに呪われているの!?

 

…本当は怪奇現象じゃなくて、急激な温度と圧力の差で割れるんですけどね。

 

この現象が起こる条件は、こうです。

 

  • ・グラスと棚板とのすき間がなく、ピッタリ伏せられていること。
  • ・部屋は冷房で冷えているけれど、食器棚の中はまだ暑くて温度差が大きいこと。
  • ・扉を開けることで、急激に中の温度が下がること。

 

触ってもいないのに突然グラスが割れたら、びっくりしますよね。

大事なグラスがダメになってしまうのは、悲しいことです。

だから私は、食器を上向きに収納しています。


 

3.おススメの収納方法

どうしてもホコリが気になるから、伏せてしまいたい?

それでは何か布を敷いて、グラスが密着するのを防ぎましょう。

お店屋さんのように、ぶら下げて収納するという手もあります。

たくさんのワイングラスがぶら下がっているの、カッコイイですよね。

 

でも私は掃除や片づけが苦手なので、布を敷く作業すらおっくうに感じてしまいます。

それに、敷き詰めた布もたまには洗濯して、取り換えるんでしょう?

その度に食器を全部出して、ふきんかタオルを洗濯して、また敷き詰めて、もう一度全部の食器をしまう。

想像しただけでも、面倒くさそうです。

 

お客様用の食器をたくさん用意しているお家では、こんなしまい方をしているのを見ました。

それは、食器の種類ごとに、プラスチック製のカゴに入れて収納する方法です。

大勢のお客様には、食器を用意するのも一苦労ですよね。

でも、この方法で収納すれば、必要な種類の食器カゴを引っ張り出すだけでOK!

食器棚の掃除をするときも、いくつかのカゴを出して、掃除が済んだら、かごを元に戻すだけ!

食器棚の掃除も楽にできそうですね。

 

掃除は楽にできそうなのですが…、

私個人としては、種類別に分けられているとはいえ、なんだかカゴそのものが重そうだなぁ、と思いました。

 

私は背が低いので、大抵のものを出し入れするときは、目線より上から出して、目線よりも上へしまうことが多いのです。

カゴの中が見えない状態で、棚へ上げ下げするのはちょっと怖い感じがします。

それに、カゴの中だってきれいにする必要がありますよね。

そう考えると、

  • 食器棚からカゴを出す。
  • カゴから食器を出す。
  • カゴをきれいに洗う。
  • 食器をカゴに戻す。
  • カゴを食器棚にしまう。

…という手順を踏まなければいけないわけです。

 

もともと片づけが苦手でズボラな私にとっては、途方もなく遠い旅のように思えます。

いい方法だとわかっていても、私にはできそうにありません。

 

こんな面倒くさがりの私は、どうやって食器を収納しているのかって?

 

うちの食器棚は、中に何も敷いていません。

敷き物を、洗ったり取り替えたりする手間を省きました。

 

食器は上向きにして、棚板の上へ直に並べています。

毎日使って洗っている食器なら、そんなにホコリがたまる心配はないでしょう?

めったに使わない食器を使うときは、軽く水洗いするようにしています。

 

大皿や陶板などの大きな食器は、重くて出し入れが大変なので、低い位置に収納しています。

私にとって貴重な目線の高さにあるスペースには、毎日使う食器を入れています。

それ以外の食器は、全部目線より高い棚に収納することになります。


 

4.面倒くさい食器棚の中のお掃除方法

では、この食器棚の中をどうやって掃除しているのか?

布を敷くのも面倒くさくて、カゴに入れて出し入れするのもイヤで?

 

食器棚の食器を全部出して、中を掃除する?

 

そんなことするなんて、不可能ですよ。

それだけの食器を出して、置いておくスペースがありません。

もしスペースがあったとしても、高い位置から出しては降ろし、低い位置から出しては持ち上げる動作を、何度も何度も繰り返すのは、まるでスクワットです。

 

スクワットならへばった時点でやめればいいですけど、食器棚の掃除は、食器を元に戻すまで終われませんからね。

 

そこで私は、自分なりのやり方を考えました。

それは、一部の食器を出すだけで、食器棚の中を掃除する方法です。

 

まず、最初に掃除しようと思う棚から、どれか1種類だけ食器を取り出します。

取り出すのは、そのスペースの中で一番場所をとっているものを選びます。

そうすると、空くスペースが大きくなりますからね。

 

うちの場合は、カレー皿とスープ皿とケーキ皿、小鉢、どんぶり鉢が一つの棚に入っています。

この中で一番場所をとっているのはカレー皿なので、カレー皿だけを取り出します。

 

そうしたら、空いたスペースだけを拭き掃除します。

 

次に、隣に置かれている食器を、掃除したスペースにずらして移動させます。

棚板に傷をつけないために、少し持ち上げて移動させるのが理想的ですね。

うちの場合は、スープ皿をカレー皿のあった位置に移動させます。

 

すると、まだ掃除されていないスープ皿のスペースが空きました。

そこで、スープ皿のあった場所を掃除します。

次に、隣のケーキ皿と小鉢を、今掃除したスープ皿のスペースへ移動させ、空いたスペースを掃除。

そしてまた、今掃除したスペースにどんぶり鉢を動かして、空いたスペースを掃除する。

 

こうして、食器棚の一段目の棚の掃除が完了です。

あとは、ずらした食器を元の位置にもどし、最初に出したカレー皿をしまうだけ。

 

これと同じ手順で、すべての棚を掃除します。

 

このやり方のいいところは、出す食器が1種類なので、出した食器を置く場所に困らないこと。

それから、まとまった時間がなくても、すき間時間にちょこちょことできることです。

今日は1段目だけ、2段目はまた明日。

といった具合に。

そして、何度もスクワット運動をしなくて済むところ!


 

最後に

えっ、背の低い私が、上の棚を掃除する時はどうするのかって?

背の低い人間の必需品、室内用の踏み台が、いつも私のそばにいてくれます。

プラスチック製で折りたためるタイプを使っています。

かさ張らずにしまいやすく、軽いのでいつでもすぐに使える私の大事な相棒です。

 

食器のしまい方は人それぞれ。

持っている食器の数によっても違います。

あなたにピッタリの方法を見つけてください。

 

 

くらぷらはエアコンクリーニングなど、各種ハウスクリーニングサービスをご提供しています。
ブログを読み、ハウスクリーニングにご興味を持たれた方や、ご依頼したいと思われた方は、上記ボタンよりお気軽にお尋ね、お申し込みください。ご相談だけの場合でも、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

 


TOP